fc2ブログ

【7日】

【7日】
ワークインプログレス公演『いざ出陣‼︎』から
7日が経った。
もっと永い時を経たような気がする。
そして7日後は京都での
Kyoto Dancing Blade #3 
タイトルは『Here』
2021年、ソロのテーマは『Here』でゆくと
春から決めてた。
ここから7日 どれだけ削ぎ落としてゆけるか
坦々と歩いていきます。ワークインプログレス公演『いざ出陣‼︎』から
7日が経った。
もっと永い時を経たような気がする。
そして7日後は京都での
Kyoto Dancing Blade #3 
タイトルは『Here』
2021年、ソロのテーマは『Here』でゆくと
春から決めてた。
ここから7日 どれだけ削ぎ落としてゆけるか
坦々と歩いていきます。
202112081249223db.jpeg

2021120812571091e.jpeg


大倉摩矢子公式WEB
http://mayakoookura.com
スポンサーサイト



【Here】奈良公演と特別WS ありがとうございました。

【Here】奈良公演と、特別WS
7/17.18日に行いました。
かけがえのない時間をありがとうございました。

コロナ以降、表現の分野においても
今までのように自由な表現の場や、人と人との交流の場を得難い日々が続いている中にあって、

『志しを持つ人が表現し、志しある人が集まる場を』

と【舞踏反撃シリーズ】を始動された田中 誠司さん。

奈良の田中誠司舞踏スタジオでの、4時間の特別ワークショップ、そして、舞踏反撃シリーズ第三弾として『Here』大倉摩矢子ソロ舞踏の舞台に立たせていただきました。かけがえのない時と場、皆さまとの交流に感謝しています。


『Here』奈良での初演を経て
東京公演 テルプシコールの舞台に向けて
更なる山へと 一歩一歩、坦々と歩みます。

Photos by Makiko Nakada from still images of a video.

20210806172635dc6.jpeg
20210806172703658.jpeg
20210806172645f8b.jpeg


大倉摩矢子公式WEB
http://mayakoookura.com

皮膚感覚

この写真が今朝Facebookで久しぶりに出てきて懐かしく、シェア。この頃に培ったからだの感覚、皮膚感覚がある。今度のユリイカ‼︎トライアル公演にも繋げていきたい。
(撮影:Keiko Onoda)

20210310232557186.jpeg

【バイブレーション】

先日、奈良にいきました。
奈良に来ると必ずここに来ます。
東大寺南大門、金剛力士像。
いつ来ても、鳥肌が立ち体が震えるような思い。
いつの日か、このフェンスに隔てられることなく直に
像のバイブレーションを感じたいです。

202010202232543b3.jpeg

2020102022331267a.jpeg

【花と果実】

ベランダの鉢植えのミニバラ
秋咲きの新しい蕾が次々と膨らんできているので
先に開いていた花を剪定して水につけておいた。
その後も10日以上咲き続けて 
数日前の朝、スッと静かに萎れて逝ったけれど
全開で、無心に開き続けている姿に毎日魅せられた。

折しも、ユリイカ‼︎プロジェクトのワークショップで
【植物のカラダ、動物のカラダ】をテーマに
稽古しているので このような開き方に
とても惹かれるものを感じる。

大野一雄先生の【稽古の言葉】の一部分の抜粋

花が咲く。こういうものを外側のかたちだけでいくらやっても伝わってこない。内のほうに、花に対するビューティフルっていう思いがあれば、大事にするってことがあれば、それはできる。もう無心に咲いているでしょう。ここまで咲いたらいいだろうとか、悪いだろうとか関係ないですよ。もう開くとこまで開いてしまう、…………

とてもこの境地には及んでいないけれど
一歩ずつでも坦々と進みたいものだ。

この写真は、萎れていく2日前ぐらいだったかな。
食卓で、秋の果実たちと共に。

そして昨日からは
新しく開いたバラをまた🌹飾りました。

ところで、
小さいころは動きも活発で、動くものや小動物を
追いかけたり捕まえたり、戯れたり。
教科書で見る静物画、「果物の絵じゃ。」
みたいな感じで良さを理解できない子でありましたが…笑

特に舞踏に出会ってからかな。
花や果実の佇まいや陰影に心惹かれるものがある。
少しは感性が磨かれたでしょうか。

ユリイカ‼︎ワークショップ詳細はこちら
http://mayakoookura.blog.fc2.com/blog-entry-50.html?sp

20201006113543d96.jpeg

202010061135307d7.jpeg

20201006113514a8c.jpeg